二人で見つけた夢の形!婚約指輪

婚約指輪は決意の証です。

婚約指輪は男性が女性にプロポーズをすつ際に渡す、結婚の覚悟の証となります。
付き合ってる期間にお互いの信頼関係を作り、そして愛情を育み、その結果プロポーズへと進展し、その後、結婚式、結婚生活をスタートさせます。婚約指輪は元々、万が一旦那さんが亡くなった時に婚約指輪を売って当面の生活費として使ってほしいと言う願いが込められた物という説もあります。そのくらい大事な決意の指輪と言う事です。結婚指輪と違い、常に身に付ける物ではないですが、女性はかなり期待しているので以前の様に給料三ヶ月分とまではいかなくても出来る限り良い物をプレゼントすると喜ばれます。一生に一度のプレゼントなので、ここは頑張りましょう。

婚約指輪と結婚指輪には大きな違いがあります。

婚約指輪と結婚指輪は同じ指輪でも意味合いが大きく違います。
まず婚約指輪は男性が女性に対して、今後一緒に生活していく、守っていくと言う決意の証です。付き合ってる相手に今後も自分と共に過ごしてほしいと言う気持ちが大きく込められています。そして婚約指輪は受け取ったら大事に保管しておくものです。それに対し、結婚指輪は結婚が決まり、結婚式の時に交換するもので、二人で選んで買います。結婚式後からは、ずっと身につけておくものになります。ですので婚約指輪よりもシンプルで付けやすさを重視した物がいいでしょう。結婚指輪と婚約指輪のこの様な違いをしっかり把握しておくとプレゼントする時もまた違った意味でいいでしょう。

婚約指輪を銀座で見つけるにはショールームに行くと、ダイヤモンドの品質を自分の目で実際に見て確かめてから購入することができて良いです。